BeatMaster Professional Editionがバージョンアップしました

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

さて、BeatMaster Professional EditionのVer.2.3.3が本日リリースされました。今回のバージョンアップ内容は以下のとおりです。

1)16分音符のビートパターン:新パターンが2つ追加されました

bm233-1

上記のとおり、「16c」と「16d」という2つのビートパターンが新たに追加されました。メトロノーム音が1拍中に2回鳴るので、比較的プレイしやすい=ハイスコアを出しやすいパターンかと思います。

2)3連符のビートパターン:新パターンが1つ追加されました

bm233-2

今回新たに「8Tc」というビートパターンが追加されました。こちらもメトロノームが1拍中に2回鳴るため、プレイしやすいパターンだと思います。

今後ともBeatMaster Professional Editionをどうぞよろしくお願いします。


本日不具合修正版がリリース、併せて半額セールを開始しました

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

先日ご案内差し上げましたバージョン2.3.1の不具合ですが、本日、修正対応版となるバージョン2.3.2が無事にApp Storeにリリースされました。

・画面上部が表示されない不具合が解消されました。
・6連符のビートパターンを4つ、5連符のビートパターンを2つ追加(バージョン2.3.1から追加)

併せて本日より、BeatMaster Professional Edition初となるセールを開始いたします。通常600円のところ、半額の300円でのご提供となります。期間限定ですので、ご購入をご検討の際はぜひお早めにお求め下さい。

newpatterns

今後ともBeatMaster Professional Editionをどうぞよろしくお願いいたします。


【大切なお知らせ】最新版のご購入ならびに最新版へのアップデートはお控えください

いつもお世話になっております、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

本日最新版(バージョン 2.3.1)がリリースされたのですが、本バージョンに重大な不具合があることが判明いたしました。

つきましては、お客さまには大変申し訳ございませんが、最新版のご購入、ならびに最新版へのアップデートはお控えくださいますよう、よろしくお願いいたします。

なお、修正対応版(バージョン 2.3.2)をすでにアップル社に申請中でございますので、こちらがリリースされ次第、改めてご案内させて頂きます。

何卒、よろしくお願いいたします。


iOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」でリズム感を試してみた

こんにちは、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

さて、先日とあるBeatMasterユーザーの方から動画が届きました。せっかくなのでこちらのブログでもご紹介したいと思います。

こちらの方は沖縄で音響関係のお仕事に携わっていらっしゃるそうで、楽器はドラムもプレイされるとのこと。BeatMaster側のビートパターン設定は「16a」という、16分音符の2番目にメトロノーム音がなる少し難しいパターンですが、さすがドラマーならではの発想で、ちゃんと両手でカウントされています。

そうなんですよね、BeatMasterの作り手の私としても、この方のように自身の中でリズムを細分化して、それとこのBeatMasterのメトロノームのウラの音をマージして捉えていただけているのは、まさに私が意図した形なんです。なので、こういった形でプレイしていただいているのを見ると、私としても非常に嬉しいわけです。。

また「自分はこういうふうにBeatMasterを使っている」という動画などありましたら、ぜひメールでご連絡ください。こちらのブログでどんどんご紹介させて頂きたいと思っています。


リズム感をスパルタトレーニングする BeatMaster Professional Edition / Free Editionが大バージョンアップ

こんにちは、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

さてさて、3月22日(土)にリズム感をスパルタトレーニングするiOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」、および無料版の「BeatMaster Free Edition」が同時にバージョンアップし、App Storeに公開されました。

今回のバージョンアップではいくつかの大きな機能追加+改良箇所があります。

BeatMaster Professional Edition

【改良点その1:新たに5つのビートパターンを追加】

Professional Editionでは、これまでの

・8分音符 x 1パターン
・16分音符 x 2パターン
・3連符 x 2パターン
・6連符 x 2パターン

に加え、新たに

・5連符 x 2パターン
・6連符 x 3パターン

が追加されました。

New Patterns

まず大きなトピックとしまして、ついに5連符(!)が登場しました。これまで奇数連符としては3連符のみが提供されていましたが、3連符はまぁ当たり前と言えば当たり前〜ですよね? スパルタリズム感トレーニングアプリとしてはやはり奇数連符にもっと突っ込まねば、と今回5連符が実現しました。

それも、「ただ1拍を5つに分けて、そのうちのどこか1カ所でメトロノームを鳴らしても5連符の感覚は得にくいはず」ということで、今回初お目見えの機能として、1拍の中で2回メトロノームの音が鳴るようになっています。これにより格段に「5つの音符」を頭の中で意識しやすくなったと思います。この5連符はカナリおもしろいので、ぜひお試し頂きたいと思っています。

また、6連符の新パターン3つについても、1拍の中でメトロノームの音が2回鳴るようにしていますので、より「6つの音符」を頭の中で意識しやすくなりました。

【改良点その2:iOS7のフラットデザインに対応】

アプリアイコンや以下の画面キャプチャをご覧いただければおわかりいただけると思うのですが、全体的にiOS7のフラットデザインに合わせる形でUIを変更しています。リリースから5年、ずっと同じ古風な(笑)ユーザーインターフェイスでしたが、今回のバージョンアップでやっとイマ風になりました。

IMG_1268 IMG_1269

IMG_1270 IMG_1273

【改良点その3:内部的に細かな修正をしています】

これは見た目ではないのですが、実は内部のプログラム処理を細かく見直していまして、結果、動作の安定度向上にも貢献しています。

ということで、自立したリズム感を自分の中に構築するための最短距離アプリ「BeatMaster Professional Edition」と、無料版の「BeatMaster Free Edition」、以下のリンクからぜひダウンロードしてお楽しみ下さい。

BeatMaster Professional Edition

BeatMaster Free Edition


日本人も黒人のリズム感を体得すべし…?

こんにちは、BeatMaster Professional/Free Edition作者の安田です。

ときどき音楽系書籍出版各社のホームページを覗くのですが、至れり尽くせり、最近は本当にいろんな音楽本が出てますねと感心することしきり。。リズム感に関する本も少なからず出ており、中にはBeatMasterのコンセプトをそのままパクッたような教則本もあるようです。で、そういった各種教則本の一冊に「これを読めば日本人でも黒人のリズム感を体得できる」みたいなキャッチコピーの本を見つけました。うーん、なるほど。

ただこれ、もちろん分からないではないのですが、どこかでモヤモヤしたものも感じます。。

確かに、あんなふうに音を発することができたら最高だなぁと思いはしますが、でも、別にそこまで無理しなくても、、日本人は日本人なんだし、、という感情を持つのも事実。

・黒人のグルーヴのマネがうまい日本人を喜ぶ人って、はたしてどこにどれだけいるのか?(黒人のグルーヴが必要なら黒人のミュージシャンを探すはず。。)
・音楽が面白いのはプレイヤーの個性がぶつかり合うから。だったら無理して黒人のマネをがんばるよりも、日本人は日本人のグルーヴを出せばそれでいいんじゃないのか?

などと思ったりも。

とあるミュージシャンの方の話なんですが、いわゆる「黒人のグルーヴ」へのこだわりが非常に強く、練習スタジオに入ってもまずはバンドメンバーでグルーヴの練習から入るそうです。しかし、そのミュージシャン氏がひょんなことから急遽、他のヴォーカリストのバックをやることになったそうなのですが(リズム的には、ごくフツーの8ビートストローク)、まったくうまく弾けなかったそうです。それを見たメンバーは「人間やっぱり得手不得手があるんだなぁ。。」としみじみ思ったとか。

話がちょっと飛びましたが、リズム感というかグルーヴって結局、その人がどういう文化背景の場所で、また、どんな気候の場所で育ち、どんなものを食べ、どんな音楽を聴いて、どんな仲間と日々過ごしてきたか、といった要素や、その人のパーソナリティもとても強く作用していると思います。そう考えると、生まれてずっと日本で育ち、いまも日本で過ごしている私のようなミュージシャンが、教則本を読んで、また、CDを聴くだけで黒人のグルーヴを体得できるかというと、そりゃ無理な注文かなと。ちょっと残念でもありますが。

それよりも、リズムが絶対揺るがないとか、ジャストでちゃんと音を出せる、といった最低限のルールは守りつつ、日本人ならではのグルーヴ(というものがおそらくあるはず)を極めた方がいいのでは? そしてそれを武器に世界のミュージシャンとコラボしてみるほうが楽しいのでは?という気がしてやまない今日この頃です。


沖縄イベント情報アプリ「ぴらつかこよみ」、バージョンアップで大変身

こんにちは、BeatMaster Professional Edition作者の安田です。

さて、先日ご紹介させて頂きました沖縄イベント情報アプリ「ぴらつかこよみ」のiOS版がバージョンアップし大変身しましたのでご案内したいと思います。

「ぴらつかこよみ」は、毎月1500件〜2000件ものライブや公演、映画など沖縄のイベント情報をまとめて発信している唯一無二のiOS/Androidアプリなのですが、これだけの情報量にも関わらず無料でダウンロードして頂くことができます。

で、今回のバージョンアップでは、これまでのリスト形式でのイベント一覧に加え、それら各々のイベント情報を地図でも見せてくれるようになりました。

さっそく画面を見てみますと、

IMG_1147

↑↑↑イベントのリスト表示モード。画像付きなのでひと目で内容がイメージできます。

IMG_1148

↑↑↑イベントのマップ表示モード。沖縄県内外の沖縄関連イベントが地図上で一目瞭然。マーカーをタップするとその場所で行われるイベントの情報がテキストで表示されます。さらに、自分の近くでやっているイベントもすぐに見つけられます。

IMG_1146

↑↑↑カテゴリーで情報を絞る場合はこちらでカテゴリーを指定します。

IMG_1149

↑↑↑自分のお気に入りアーティストやお気に入りイベント会場(ライブハウスや映画館など)を登録しておけば、それらの情報にわずか2ステップでアクセスすることができます。

IMG_1151

↑↑↑左上の赤いハートマークがお気に入りアーティスト情報の証です。

IMG_1153

↑↑↑ちなみに私のお気に入りイベント会場は、浦添にある「groove(ぐるーぶ)」です。毎月インプロのライブをやらせてもらっています。

———————————————

また、今回のバージョンアップで特筆すべき点がもうひとつ。それは動作スピードがか・な・り・速くなったことです。プログラム自体をゼロから作り直しているとのことで、これまでのバージョンに比べてサクサク感が雲泥の差です。
(なお、Android版は追ってバージョンアップの予定です)

というわけで、音楽をはじめ沖縄で行われるイベントに興味をお持ちのみなさま、ぜひ「ぴらつかこよみ」をダウンロードしてみてください。ゼッタイに便利です。ダウンロードは以下からどうぞ〜。

AppStoreへのリンクはこちら。
Google Playへのリンクはこちら。


青山純さんと、山下達郎さん「JOY」、菊池桃子さん「OCEAN SIDE」「Tropic of Capricorn」「Adventure」の想い出

こんにちは、BeatMasterシリーズ作者の安田です。

昨年末、ドラマーの青山純さんがお亡くなりになりました。。。青山純さんがプレイされたアルバムの何枚かはやはり私の中でのベストコレクションにも入っておりまして、私が青山純さんの音から受けた影響は非常に大きいものがあると思います。

例えばこちら。

山下達郎さんの「JOY」であります。ハイ。泣く子も黙る「JOY」。

この名盤が出て実はもう25年ほど経つようで(わぉ)、もしかしたらご存じない方もいらっしゃるかと思い紹介させて頂いたのですが、この青山純さんのぶっとい音&おっもい16ビートに絡みつく伊藤広規さんのこれまた図太いスラップベース。このおふたりのコンビネーションが紡ぎ出す音って、ホントにワンアンドオンリーだと思います。どれだけ聴いたかわかりません。私は当時まだ学生だったのですが、毎朝毎晩、学校の行き帰りはディスクマンでずーっと果てしなくこればっかり聴いていた時期がありました。

で、この青山純さんを象徴するぶっとい音、私はソナーだからこその音なのだと思っておりました。しかしながら、、山下達郎さんがサンデー・ソングブックでお話ししていたところによりますと、山下達郎さんの「Ride On Time」「For You」までは実はパールを叩いており、達郎さんとしてはソナーよりもパールのほうが青山純さんらしい音、とのこと。そうだったんだ。。。

青山純さんといえば山下達郎さん、なわけですが、個人的には他の方のサポート=スタジオワークでの青山純さんの音も結構聴いておりました。例えば

iTunesでの試聴はこちら

この菊池桃子さんのファーストアルバム「OCEAN SIDE」も学生当時これまたカセットテープがすり切れるほど聴き込んでおりました。このアルバムにいたっては今から30年前。。今聴くとバッチリ1980年代の日本の匂いがしていますです。。そしてこのアルバム、林哲司さんが作曲・アレンジで全面参加していてクオリティは非常に高いですんよね。ドラマーは青山純さんの他に、ポンタさん、林立夫さん、宮崎まさひろさんが参加していますが、青山純さんのベードラ、スネア、タムの音は聴けば一発でわかりますね。。
(ちなみにベースは富倉安生さんと高水健司さん。この頃から流行りはじめたスペクターの音が聴けて興味深いです。弾いているのは富倉さんかなと。)

ちなみにですが、青山純さんは菊池桃子さんのセカンドアルバム「Tropic of Capricorn」(iTunesで試聴)、サードアルバム「Adventure」(iTunesで試聴)にも全面的に参加されています(ぜんぶ青山純さんがプレイしています)。そしてこの2枚も林哲司さんが全面参加されていて非常にクオリティ高いです。

以上、私的な青山さん体験を少し書かせて頂きました。青山純さんのご冥福を心よりお祈りいたします。


沖縄の音楽イベント情報は全部ここにまとまってます 〜ぴらつかこよみ〜

こんにちは、BeatMaster Professional Edition / Free Edition作者の安田です。

さて、私が住んでいます沖縄、ご存じの方も少なくないかと思いますが、音楽が盛んであります。かなり。。沖縄民謡はもちろんのこと、ポップス系、ロック系、それぞれメジャー、インディーズ関係なく非常に多くのアーティストを輩出しています。

で、そんな沖縄ですから、音楽活動のしやすさは東京とは大きく異なります。例えばアマチュアバンドが東京のライブハウスでライブをやろうという場合、チケットを買い取って、売り切れなかったチケットは買い取るのが当たり前だったりしますよね。沖縄ではライブハウスで演奏する際、少なくとも私の場合、チケット買い取りといったシステムはありませんし、出演すればちゃんとギャラが発生します。

という環境もあって、沖縄ではプロ、アマチュアに関わらず音楽活動が大変盛ん=ライブや音楽イベントがとても多いわけですが、そういった沖縄音楽情報をどうやって調べればよいのか?→答えはこちら、「ぴらつかこよみ」に全部まとまっています。

「ぴらつかこよみ(箆柄暦)」というのは、10年前から、毎月1500件〜2000件もの沖縄のイベント情報をまとめて発信している唯一無二のサービスでありまして、現在、紙、Webサイト、スマホアプリといったメディアで情報提供されています。

で、便利なのは何と言ってもスマホアプリです。。ので、以下で簡単にご紹介したいと思います。

yyimg-photo-1 yyimg-photo-2

yyimg-photo-3 yyimg-photo-4

yyimg-photo

ということで、ご覧の通り、音楽だけでなく、映画や舞台、イベント等々スーパー盛りだくさんな情報がジャンル毎に整理されているだけでなく、アーティストやライブハウスをお気に入り登録しておくことで、必要な情報に一発でアクセスできるという。。これだけ使えてしかも無料。沖縄の音楽にアンテナが立っているみなさま、ぜひダウンロードしておためしください。

iOS版ダウンロード:http://bit.ly/1isXjA5
Android版ダウンロード:http://bit.ly/1aAqWvd


BeatMaster Free Editionがバージョンアップしました

こんにちは、BeatMaster Free Edition作者の安田です。

さて、本日「BeatMaster Free Edition」がバージョンアップし、App Storeに公開されましたのでご報告したいと思います。今回のバージョンアップの内容は以下のとおりです。

1)新たに3つのリズムパターンが追加されました。
2)iPhone5以上の画面サイズ(1,136 x 640ピクセル)に対応しました。
3)OS標準のTweet機能に対応しました(iOS6以上)。

ユーザーのみなさまにとって特にメリットが大きいのが1)のリズムパターンの追加ではないかと思いますので、以下に少し詳しくご説明したいと思います。

これまでは「8a」という、8分音符のウラでメトロノームが鳴るパターンしかご提供できていませんでしたが、今回新たに「16a」「8Ta」「16Ta」というパターンが追加されました。

【「16a」とは?】
こちらは、16分音符のウラで
「ツカツツ ツカツツ ツカツツ ツカツツ」
とメトロノームが鳴るパターンです。

なお、有料版のProfessional Editionでは、
「ツツツカ ツツツカ ツツツカ ツツツカ」
とメトロノームが鳴る「16b」も提供されます。

【「8Ta」とは?】
こちらは、3連符のウラで「ツカツ ツカツ ツカツ ツカツ」
とメトロノームが鳴るパターンです。

なお、有料版のProfessional Editionでは、
「ツツカ ツツカ ツツカ ツツカ」
とメトロノームが鳴る「8Tb」も提供されます。

【「16Ta」とは?】
こちらは、6連符のウラで
「ツカツツツツ ツカツツツツ ツカツツツツ ツカツツツツ」
メトロノームが鳴るパターンです。

なお、有料版のProfessional Editionでは、
「ツツツツツカ ツツツツツカ ツツツツツカ ツツツツツカ」
とメトロノームが鳴る「16Tb」も提供されます。

ということで、ぜひBeatMaster Free Editionをダウンロードいただきまして、めくるめくウラの世界をまずは軽く体験して頂ければ幸いです。

BeatMaster Free Editionのダウンロードはこちらからどうぞ