BeatMaster一覧




iOSアプリBeatMasterをリリースしてちょうど10年目の本日、新たに「BeatMaster Reborn Project」を始動します

BeatMasterファンの皆さま、同アプリ原作者の安田陽でございます。

2017年9月にiOS11がリリースされ、iOSアプリ「BeatMaster Professional Edition」「BeatMaster Free Edition」が使えなくなって1年以上が過ぎました。そして現在もまだiOS11やiOS12では使えない状況が続いております。本アプリをご購入頂いた皆さまにはご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。改めて心よりお詫び申し上げます。

iOS11がリリースされた後、BeatMasterをiOS11に対応させるべく調査を行ったのですが、あいにくソースコードをまるごと書き直すレベルの大改修が必要であることが判明いたしました。しかしながら対応可能なエンジニアも見つからず、大変心苦しい状況ではあったのですがバージョンアップを見送る、つまりそのまま放置するしか当時は選択肢がありませんでした。(なにぶんiPhoneというものが発表されて間もない2009年2月にリリースしたアプリということで、ソースコードも相当古くなっておりました)

そしてBeatMasterシリーズがiOSで使えなくなった後、大変多くのユーザーの方々より「いつアップデートされますか?」とのお問い合わせを頂いたのですが、都度上記の状況をご説明し、あきらめて頂くしか術がありませんでした。本当に申し訳ございませんでした。

しかしながら一方で、私の仲間が「これだけファンがいるんだからBeatMasterは復活させないとダメだ。いっしょにやりましょう!」と申し出てくれ、その後ずーっとエンジニアを探していたのですが、ようやく、これ以上の適任者は今後ぜったいに現れないだろう、と断言できるほどの素晴らしいエンジニアとご一緒させて頂けることになりました。

そのようなわけで、大変長らくお待たせしましたが、元祖BeatMaster Professional Editionがリリースされてからちょうど10年目のその日となる本日2019年2月1日(金)、「BeatMaster Reborn Project」を始動いたします。

なお、新BeatMasterのリリースは今夏を予定しておりますが、その際はRebornの名のとおり、内容の全面刷新を予定しております。具体的には、基本機能は品質をさらに上げつつ、デザインや使い勝手を一新します。

また、今後このReborn Projectでは、定例ミーティングの様子や開発中のアプリの動き具合、検討中のユーザーインターフェイスデザイン等々、開発進捗をすべてネット上に公開しながらプロジェクトを進めていく予定です。リリースまでもうしばらくお時間を頂きますが、どうか見守って頂けましたら幸いです。

今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。

安田陽

沖縄県内の某ファミレスでプロジェクトメンバーと。
メンバーの紹介は改めて。。

===

Dear BeatMaster fans,

When IOS 11 was released in September 2017, our iOS applications “BeatMaster Professional Edition” and “BeatMaster Free Edition” became unusable, and this situation is still continuing now. I apologize for the inconvenience caused to everyone who purchased this application. I sincerely apologize from my heart.

After iOS 11 was released, I investigated to make BeatMaster compatible with iOS 11, but unfortunately it turned out that it was necessary to make a major refurbishment at the level of rewriting the whole source code. However, we could not find any engineers that we could handle so we were in a very heartbreaking situation. (The source code was also considerably old as it is an application released in February 2009 shortly after the announcement of the first iPhone.)

After the BeatMaster series became unusable on iOS, we received inquiries from a large number of users…”When will it be updated?”. I am very sorry about that..

On the other hand, however, my colleague said, “Because there are so many fans, BeatMaster should be resurrected and we should do it together!” After that I was looking for an engineer for a while, but finally I got to know a wonderful engineer.

Today is the 10th year since the original BeatMaster Professional Edition was released, and we announce that “BeatMaster Reborn Project” is started.

The release of the new BeatMaster is planned for this summer, but in the future Reborn Project will show the progress of our regular meetings, the motion of the application under development, the user interface design under consideration, etc. all on the Internet. I’d appreciate it if you could keep in touch with us.

Sincerely yours,
Yo


日本人も黒人のリズム感を体得すべし…?

こんにちは、BeatMaster Professional/Free Edition作者の安田です。

ときどき音楽系書籍出版各社のホームページを覗くのですが、至れり尽くせり、最近は本当にいろんな音楽本が出てますねと感心することしきり。。リズム感に関する本も少なからず出ており、中にはBeatMasterのコンセプトをそのままパクッたような教則本もあるようです。で、そういった各種教則本の一冊に「これを読めば日本人でも黒人のリズム感を体得できる」みたいなキャッチコピーの本を見つけました。うーん、なるほど。

ただこれ、もちろん分からないではないのですが、どこかでモヤモヤしたものも感じます。。

確かに、あんなふうに音を発することができたら最高だなぁと思いはしますが、でも、別にそこまで無理しなくても、、日本人は日本人なんだし、、という感情を持つのも事実。

・黒人のグルーヴのマネがうまい日本人を喜ぶ人って、はたしてどこにどれだけいるのか?(黒人のグルーヴが必要なら黒人のミュージシャンを探すはず。。)
・音楽が面白いのはプレイヤーの個性がぶつかり合うから。だったら無理して黒人のマネをがんばるよりも、日本人は日本人のグルーヴを出せばそれでいいんじゃないのか?

などと思ったりも。

とあるミュージシャンの方の話なんですが、いわゆる「黒人のグルーヴ」へのこだわりが非常に強く、練習スタジオに入ってもまずはバンドメンバーでグルーヴの練習から入るそうです。しかし、そのミュージシャン氏がひょんなことから急遽、他のヴォーカリストのバックをやることになったそうなのですが(リズム的には、ごくフツーの8ビートストローク)、まったくうまく弾けなかったそうです。それを見たメンバーは「人間やっぱり得手不得手があるんだなぁ。。」としみじみ思ったとか。

話がちょっと飛びましたが、リズム感というかグルーヴって結局、その人がどういう文化背景の場所で、また、どんな気候の場所で育ち、どんなものを食べ、どんな音楽を聴いて、どんな仲間と日々過ごしてきたか、といった要素や、その人のパーソナリティもとても強く作用していると思います。そう考えると、生まれてずっと日本で育ち、いまも日本で過ごしている私のようなミュージシャンが、教則本を読んで、また、CDを聴くだけで黒人のグルーヴを体得できるかというと、そりゃ無理な注文かなと。ちょっと残念でもありますが。

それよりも、リズムが絶対揺るがないとか、ジャストでちゃんと音を出せる、といった最低限のルールは守りつつ、日本人ならではのグルーヴ(というものがおそらくあるはず)を極めた方がいいのでは? そしてそれを武器に世界のミュージシャンとコラボしてみるほうが楽しいのでは?という気がしてやまない今日この頃です。


リズム感をトレーニングするならiPhoneアプリ「BeatMaster Free Edition」 〜無料版を出しました〜

みなさまこんばんは、iPhoneアプリ「BeatMaster Professional Edition」作者の安田陽です。

さて。。「リズムのウラでメトロノーム音を聴く」というコンセプトで開発され2009年2月に発売を開始した、超ストイック系リズムトレーニング専用iPhoneアプリ「BeatMaster Professional Edition」。おかげさまで非常にたくさんのみなさまにご愛顧頂いているわけでございますが、リリースからちょうど2年半、「もっともっと多くの方に」「リズム感が良くなる楽しさを」「気軽に知って頂きたい」と強く思うようになりました。

そこでいろいろ考えたわけですが、「トレーニングモード」「スコアリングモード」「世界ランキング」「国内ランキング」「ツイッター連携」といった主要機能はすべてそのまま残し、ビートパターンとテンポだけを限定したバージョンを作ってみなさまにお届けすることになりました。それが、8月4日から無料で提供を開始しました「BeatMaster Free Edition」です。

この「BeatMaster Free Edition」ですが、仕組みはいたってシンプル。リズムトレーニング初心者の皆さんの分かりやすさを最優先し、ビートパターンは「8分音符のウラ」のみ+テンポは「60」のみとなっています。が、上記の通り、自分のリズム感を測定できる「トレーニングモード」もありますし、そのスコアを世界ランキングに登録したり、twitterに書き出すこともできます。

まぁフツーの人なら8分音符のウラでそこそこ間にあってしまうかもしれませんね。でもあれですよ、もしあなたがミュージシャンやダンサーなら8分音符のウラなんてあっという間に飽きてしまって、すぐに3連符のウラとか16分音符のウラで試したくなるかも。。

そのようなわけで、8分のウラじゃ物足りないホンキなアーティストのみなさんはぜひ「BeatMaster Professional Edition」で6連符のウラ(笑)にチャレンジしてみてください。


BeatMasterがメジャーバージョンアップしました

このたびBeatMasterがメジャーバージョンアップし、バージョン2.0となりました。これにより、BeatMasterを利用する世界中のミュージシャンが名前や担当楽器、ホームページなどの情報を互いに共有できるだけでなく、twitterやfacebookなどのソーシャルネットワークサービスとBeatMasterを組み合わせることで、リズムに強いこだわりを持つミュージシャンどうしが国境を越えて簡単につながることが可能となりました。

<今回のバージョンアップの意味>

今回のバージョンアップにより、リズムに強いこだわりを持つ世界中のミュージシャンどうしが、BeatMasterを利用することで、国境を越えて簡単につながりあうことができるようになりました。
具体的には以下の機能により実現しています。

1)BeatMasterでは自分のリズム感を測定しスコア(数値)化することが可能ですが、今回のバージョンアップにより、自分のスコアをランキング(※)に登録することができるようになりました。
※世界ランキングおよび自国内ランキングでの自分の順位を知ることができます。

2)ランキングへの登録時には、自分のニックネーム、国、担当楽器、ホームページなどのURL、さらに一言メッセージを加えられるため、各国のBeatMasterユーザーと互いの活動情報やメッセージをランキング上で共有することが可能となりました。

3)ランキング登録時に自分のtwitterやfacebookのURLを記載しておくことで、BeatMasterユーザーどうしがソーシャルネットワーク上で簡単につながりあうことができるようになりました。

4)自分のスコアや世界および自国内での順位をtwitterに投稿することも可能になりました。